トイレのつまりとアフィリエイト

昨日、自宅のトイレが不覚にも詰まってしまい業者を呼びたくないというのもあって、ラバーカップやら、真空式パイプクリーナーを使ってなんとか直そうとしたけど、結局直らず、業者を呼ぶことにしました。

さてどこの業者を呼ぼうかといろいろネットで調べてみると、なんだかどの業者も怪しいのと、『トイレ つまり』でGoogleで検索するとものすごい量のadwords広告と、検索結果に明らかにアフィリエイトサイトと思われる、業者評価とか、業者比較なるサイトがあって、どれも信用できない感じでした。

試しに、Yahoo!知恵袋で『自分が住んでいる町の業者でいいところないですか?』と聞くと水道局に聞くと教えてくれるとのことだったのですが、TOTOがやっているサイトからリンクされていた全国管工事業協同組合連合会なる町の水道屋さんがやっているサイトから自分の地域の団体に問い合わせたところ、自分の町の業者さんを紹介してくれました。
ちょっと怪しい感じがしたけど、来てくれた業者さんは対応がよくて、ネットで5万円以上かかるという作業を2万円でやってくれました。
その業者さんいわく、悪徳業者が多いということでこの地域では6月から共同連合会をつくって、町の水道屋さんが輪番で水道工事のかたわらこのような作業をされているそうです。
トイレがつまっただけで、トイレを交換しろと言われて変えてしまっている人多いみたいですね。33万とられたケースもあるそうです。

というか、アフィリエイトサイトうざい。。
ちゃんとした情報を提供しろ!

全国管工事業協同組合連合会のサイトは、こちら

人気記事:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする