ドコモからiPhoneはでるのだろうか。。

iPhoneを今使っているわけですが、ソフトバンクのネットワークがかなり貧弱で、都内23区の家では圏外、実家はもちろん圏外でたまらない。

いろんな人の講演を聴いた結果、今日時点でのiPhoneユーザは、なんと200万人と予想されている。そして毎月30万台が出荷されていると言われている。

ソフトバンクが、iPhone for everybodyで実質0円でiPhoneを売っている理由は、Appleとの契約にあると言われている。現状、Apple、ソフトバンク間の契約は、独占契約でないらしい。

この契約は、2年契約でこれがまもなく終わるわけだが、2年で最低でも販売する必要な台数が決まっているようだ。それができなかった場合、Appleは他の携帯電話事業者に対して販売する権利を与えるようである。

これは世界市場においてのAppleの戦略でもある。イギリスでは、O2の独占販売状態だったのが、最近Orangeでも販売が開始された。またVodafoneからも契約が締結され次第販売が開始されるようだ。というのもandroidを搭載する端末が、2010年は、ものすごい勢いで増え、来年の12月ぐらいになるとiPhoneの販売台数を抜くとも言われ、Appleの優位性がなくなる可能性も高く、Appleとしては、複数の携帯電話事業者からiPhoneを売りたいと考えているはずだ。また、フランス市場では、販売当初から主要3キャリアから販売されている。すべての携帯電話事業者から販売すれば、端末にSIMロックをする必要がなく、Apple側でSIMロックをする手間が省けその分コストが浮くことにもなる。

アメリカではAT&Tが独占販売しているが、ネットワークが貧弱なため、顧客満足度がよくなく、AppleはあまりAT&Tのことをよく思っていないという噂が流れてもいる。

ネットワークが貧弱なAT&Tと同様ソフトバンクについてもAppleはこう思っているかもしれない。ひょっとしたら2月以降、ドコモ、イーモバイルからiPhoneが販売されるかもしれない。

人気記事:

コメント

  1. […] This post was mentioned on Twitter by mchouse, Guinea Pigz. Guinea Pigz said: RT: @mchouse docomoからiPhoneでるかも。。という分析を書きました。 http://bit.ly/8N2Mna #iPhone #docomo […]