人間らしい生活をすべき

日本人はなぜこんなに働くのかよくわからん。

時間内に終わらせることがプロということになるのだろうが、実際、そういうことはまず不可能だろう。

では、残業とはどういうことか?

立場にもよるが、いわゆる管理職でない人たちは、定時で帰るべきではないだろうか?
違うか?

つまり時間内で終わるようなスケジュール感を上司に報告すべきと言うことであり、定時以内に終わらないスケジュールを組むべきではない

これは普通のことであるし、費用対効果を考えると常識である。

そもそも人間は一日3時間しか集中できないと言われている。
このことは常々自分はいろんな場で話をしている。
そもそも3時間以上集中できるのなら自分の代わりをやってもらいたいものだ

では3時間しか仕事をしないという話になると9時スタートの人は午前中で終わりだ。
とはいえこれは一般的には無理だろう。

ただ、集中できる時間には限度はあるはずだ

一度決まった後でもそれはちゃんと報告すべきであり、短縮したところで品質は保証されないわけである。

長く働くのがすばらしいという風習は、よくないし、これは日本人独特のものというよりは、高度経済成長時の負の遺産ではないだろうか?

人気記事:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする