I love 焼肉, but I have never been to 叙々苑。。。

焼肉!

焼肉!

焼肉!

そんなに焼肉とは偉大なのか? ということで今までの人生を振り返り、焼肉を食べた瞬間を思い出してみました。

あ!叙々苑には行ったことがない!

とはいえ、過去8年ぐらい海外に住んでいたのですが、焼肉(日本または韓国風スタイル)は、今まで住んでいたところではありました。。

やはり日本人は焼肉が好きなんでしょうね

びっくりしたのは、パリに日本風の焼き肉屋が数軒あったということ。

よく行っていたのは、当時働いていた会社の近くにあった、ジパング という焼肉屋。ランチだと15ユーロぐらいで普通に食べられる感じでなかなかいい感じでした。 ただ肉は薄いけど。。

あと松ちゃん という焼肉屋も15区にありましたね。。。 ここの肉は日本と同じ感じの厚さでうまい! ただランチは激安で地元の中学生だか、高校生だか、大学生だか知らんけどがいっぱいいてうざい感じでした。でも夜はいい感じかな。

パリには他にも元いいとも青年隊(ひょんなことからカラオケ友達。。鬱)がやっている鉄板焼きなんかもあって焼肉にはありつける感じです。

あとオーストラリアは、パースに住んでいた時は、いわゆる日本式の焼肉はべらぼうに高くてよりつかなかったですね。。
焼肉が食べたいときは、韓国料理にいっていたわけですが、友達にヒョーチャンっ ていう韓国人がいて、『カルビパーティーしようぜ』みたいな感じになって、やつの家で何回かカルビパーティーをしたわけですが、どこからかとしれず、もの すごく良質なカルビの肉を調達してくるのでおどろいたのですが、そもそもカルビの部位の肉は、あまりオーストラリアとかだと売れないとか。。。 多分今ま で食べた中で一番おいしかったカルビかもしれません。

ということで叙々苑は行ったことないですが、今はつぶれてしまってない歌舞伎町で一番高いと言われていた某焼肉屋よりうまかったこのカルビをもう一度食べたい!

というか叙々苑で肉食わせろ

鬱。。

人気記事:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする